お茶の間で読む英語と旅行の話

主に、英語学習と海外旅行の話

「かもしれない」は英語でどう言うの?

推量や可能性を表す「かもしれない」を英語ではどういうのか、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

かもしれないの表し方

 

f:id:hanagardener:20170816032407j:plain

日本語で言う「~かもしれない(推量)」を英語にしようとすると、いろいろな表現があります。一番覚えやすいのは、推量を表すmayやmightを使う表現でしょう。

 

It may rain tomorrow.

明日は雨が降るかもしれない。

 

mayは、50%くらいの推量を表すといわれています。ですので、雨が降る確率と雨が降らない確率は半々というニュアンスです。

 

He may know it.

彼はそのことを知っているかもしれない。

 

彼は知っているかもしれないし、知らないかもしれない。ハッキリ言って、分からないということですよね(笑)。

 

mayを使っていうときには、半々くらいの推量なので、「May be, may be not, I don't know.(そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない、わかんないよ)」と言ったりします。

 

maybeについて

maybeもよく使います。「多分」という意味になります。断言を避けたいときにはとても便利な単語です。

 

maybeは、分解するとmay(助動詞) とbe(be動詞)になりますが、一つの単語として使うことができます。

 

似たような表現に、pehaps、probably、possiblyというような表現もあります。可能性が高い順に、probably、pehaps、maybe、possiblyとなります。

 

possiblyは副詞ですが、形容詞のpossibleを使って、

 

It's possible.

(相手の話を受けて)そうかもね/あり得るね。

 

と言ったりもします。

 

 

CanやCouldも使えます

「かもしれない」という可能性を表す表現として、助動詞canやcouldを使うこともあります。canの方がcouldよりも可能性が高いニュアンスがあります。

 

推量という意味で使うときには、can beやcould beのようにbeを伴って使うことが多いと思います。

 

The plan could be changed.

その計画は変更されるかもしれない。

 

ここではcould(canの過去形)を使っていますが、過去の話をしているわけではありません。

 

同様に、mayの過去形であるmightを使うことも可能です。

 

 

過去の推量はどういうの?

「~だったかもしれない」という過去の推量はどういうのでしょうか。mayやcanの過去形を使っても、過去の推量は表現できません。

 

He might have been with her last night.

昨夜、彼は彼女と一緒にいたのかもしれない。

 

このように、「may(might)+have+過去完了」というセットで表現します。

 

My wallet could have been stollen by that guy!

私の財布はそいつに盗まれたのかも!

 

ちなみに、「私の財布はそいつに盗まれたに違いない!」というときは、

My wallet must have been stollen by that guy!

という風にmustを使って表現できます。でも、それが自分の不注意なら、

 

You should have been more carefull....

君はもっと注意しとくべきだったね。

 

といわれるかも。

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク