お茶の間で読む英語と旅行の話

主に、英語学習と海外旅行の話

日系航空のマイレージには有効期限があることを知らなかった私

飛行機にはよく乗る私ですが、マイレージを貯めるのは苦手です。というか、そういうポイントを貯めるということに無頓着なので、貯めたマイルを使ったこともありませんでした。

でも、夫はお金の管理が得意なので、私のマイルはどのくらいたまった、と聞いてくるのです。

 

私のマイル有効期限切れ間近

いつも「面倒くさいなぁ」と、のらりくらりと交わしていたんですが、いい加減チェックしなさいといわれて、しぶしぶJALとANAのマイページにログインしました。すると、2019年5月末に有効期限が切れるマイルが7,000マイルもあるじゃないですか!

 

「有効期限が切れるって、どういう意味?」

イラっとした夫が聞いてきました。

 

詳細を確認すると、どうやらマイルを獲得した時から起算して36か月たつと有効期限切れになるみたいです。...って、みなさんは知ってますよね?

「そんなアホな話は聞いたことがない」

という夫。

 

なんでよ、マイルだって有効期限があるでしょ。と思う私。

 

夫は、有効期限の仕組みが理解できないようで、いろいろ調べていました。そして見つけたのがこちらの情報です。

 

各航空会社のマイル有効期限  

f:id:hanagardener:20190329070003p:plain

 引用元:https://www.travelcodex.com/when-airline-miles-expire/

 

こちらの表を見て、彼がイラついていたのがわかりました。ANAやJAL(厳密に言うと日系だけでなくアジア系というほうがいいのかな)のマイレージプランには、マイル獲得から起算した有効期限が設定されています。

一方、西洋系航空会社の多くは、「飛行機に乗らなくなってから」あるいは「新規マイルの獲得が無くなってから」起算した有効期限になっているんですね。

つまり、コンスタントに飛行機に乗ってマイルをためていれば、実質的には有効期限はないということになります。

 

あと、大韓航空のマイル獲得から10年が有効期限というのも、ちょっと目を引きますね、笑。ぜったい、有効期限忘れそう…。

 

 

 

スポンサーリンク