お茶の間で読む英語と旅行の話

主に、英語学習と海外旅行の話

大雪のためフライト日程の変更をするべきか

こちらの現地時間(カナダ、モントリオール)で2月26日(水)の朝、アメリカ、シカゴと日本東京成田を経由し、大阪(伊丹空港ITM)行きのフライトを予定しています。

しかし、今朝になって、航空会社のユナイテッドからSMSが来ておりました。

 

f:id:hanagardener:20200225002522j:plain

 

「大雪のため、もし日程に融通が利くならば、フライト日程の変更をおすすめします。フライト変更にかかる費用は発生しません。つきましては、サイトXXXXにて空席状況をご確認の上、変更をご検討ください」


なんて感じのメッセージが。


大雪…。たしかに、水曜日の夕方からはモントリオールでも悪天候という予測が出ていました。でも、私のフライトは朝8時台なので大丈夫とたかをくくっていたのです。

ネットで調べてみると、どうも乗り継ぎ空港のシカゴが雪嵐になる模様。警報が出てる…

 

暴風雪注意報は、火曜日の午前9:00 (CST)から水曜日の午後6:00 (CST)まで続く見込みです。発表者: アメリカ国立気象局

シカゴ発東京行きのフライトは正午12時の予定なので、ドンピシャ注意報の時間区内に入ってますね~。

 

じゃあ、木曜か金曜のフライトに変更しようかな?と思ったんですけどね、木曜と金曜は今度はモントリオールが降雪確率100%と来ている。

降雪確率100%といっても、小雪か吹雪かは分からないんですが、うちからタクシースタンドまでは歩いて15分の距離で、そこを一人で大小のスーツケースを持って雪道を歩くのはツライ。

しかも、朝5時とか6時とかに。

 

夫がいればタクシーを呼んでくれるけど、私ひとりじゃ呼べないんだよね。

そもそも携帯電話持っていないし、フランス語も下手だし、今まで一人でタクシー呼んだことないし(夫は同じ水曜日の午後フライトでアフリカ出張予定)。

 

フライトそのまま変更なしで行くと、最悪の場合はシカゴで足止めになりそうな感じです。

シカゴ空港か…、あまりワクワクしない空港だよね~と、思っていたら、実はムチャ大きな空港なんですね。今まで使っているわりに設備とかはよく分かっていないかった私。

シカゴ・オヘア国際空港は年間7,000万人の乗降客が利用する世界最大規模の国際空港。アメリカ合衆国内の空港でも、屈指の旅客者数を誇り、ランキングでは第3位に位置づけられています。所有する滑走路の数はなんと8本。さらに4つのターミナルが稼働しています。シカゴ・オヘア国際空港では世界100都市へとつながる国際便だけでなく、アメリカの200以上の都市へ就航する国内線フライトも充実。
引用元:https://taptrip.jp/14489/

そうなのか。

仮眠できるところもありそうだし、(お金さえあれば)けっこう遊べる空港かもしれない...と思って、ちょっと気分が持ち直してきました。

 

大雪でフライトがキャンセルとなると、ホテルや食事のバウチャーなんかも発券されるかもしれません。しかし、バウチャーやキャンセル待ちをリクエストする長蛇の列にならばなくちゃいけないかと想像すると、それだけで気持ちが下がりますね...。(気分が上がったり下がったり...

 

運よく、空港内ホテルのバウチャーが手に入ったとしても、本当に部屋に泊まれるかどうかは怪しいものです。

大雪で滑走路が使用できないとなると、予定されていたフライトすべての乗客がホテルに詰めかけるわけですからね。

大雪の中、土地勘のない街で市内まで移動する気持ちにはなりません。

 

そうなると、空港内で仮眠か…笑。若い頃ならまだしも、年も年なのでちょっとツライけど。―――なんていろいろなことを考え中です。

 

フライト変更かぁ。モントリオール朝出発でなくて、午後出発に変更できるなら、一人でも(起きられるかどうか心配しなくていいから)楽ちんなんだけどなー。

しかも、伊丹空港行きじゃなくて関空(KIX)行きに変更できるなら、その方が実家が近いんで助かるんだけど―――なんてね。

 

 

スポンサーリンク