お茶の間で読む英語と旅行の話

主に、英語学習と海外旅行の話

ベトナムタクシーにぼったくられそうになりました

ベトナム、ハノイに来ています。ベトナムは、観光地としての魅力がたくさんあり日本人にも人気の海外旅行先のひとつです。しかし、旅行者を狙ったトラブルも多く、安心して観光できるという国でもありません。

なかでもトラブルが多いのが、ひったくりなどの盗難と、タクシーやシクロなどとの間で起こるもめ事らしいです。

 

ですので、私もいくらか覚悟していましたが、さっそくタクシードライバーにぼったくられそうになりました。

 

ハノイに多いタクシー料金のぼったくり

ベトナムの都市部で観光をする際、タクシーを使うことは多くなります。バスは使いにくいし、地下鉄もないので、タクシーやシクロ、バイクタクシーなどの利用に頼ることになるためです。

 

しかし、タクシーには悪質なタクシードライバーも多く、外国人と見るとぼったくるドライバーが非常に多いという話です。ホーチミンもそうですが、どちらかというとハノイの方が状況は悪いと聞きました。

 

期待通り、ぼったくりドライバー出現

今回は、ひざがあまり良くない母との旅行だったので、タクシーを使わないといけないだろうなぁ、嫌だなぁと思っていたわけですが、さっそく、ぼったくりドライバーに遭遇してしまいました。

 

また、詳しくは自分の旅行ブログで書く予定ですが、ざっくりいうと、正当だと思われる料金の約10~12倍を請求されました、笑!

かなり、大胆なドライバーです。

しかも、メーターに細工がしてあるので、そうとは覚悟していないと気づきにくいです。

 

それで結局どうしたの?

ベトナム、ハノイタクシーメーターぼったくり

確かにメーターは300を指しているように見えます(通常千の位までの000は省略される)。でも、本来は30.0とコンマがでるはずなので。


本来なら25,000~30,000ドンであるはずの料金を、300,000ドン請求してきたので、「それはおかしいでしょ」と英語でいいました。

それで、30,000ドンだけ渡そうとしましたが、ドライバーは頑として300,000ドンというので、もうね、後部座席にお金を置いて、タクシーを降りました。

 

そのときは宿泊しているホテルまでタクシーに乗ったので、もしドライバーが追いかけてきたら、ホテルのフロントの人に通訳して抗議しようと思いつつ。

 

タクシーを降りる直前、英語ができないドライバーは、Google翻訳を使って説明しようとしました。そのとき「ハンゴッ?」と言われたので(広東語と似てる)、多分「韓国人でしょ」といっているのかな、と思い、「No」といいました。

 

でも、ドライバーは私たちのことを完全に韓国人だと思っていたらしく、Google翻訳の韓国語フレーズを見せてきました(全然わからない、って…笑)。

 

どうやら、狙われているのは日本人だけではないようですねー。

 

とりあえず、みなさんもぼったくりには注意しましょう。

 

 別ブログで詳細を公開しました。

backpack-traveler.com

 

スポンサーリンク